トレリス符号化QPSK変調方式のインパルス性雑音に対する誤り率下界値の一評価法

中野 悦宏  岩波 保則  池田 哲夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.3   pp.600-609
発行日: 1992/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報理論,符号理論
キーワード: 
インパルス性雑音,  トレリス符号化変調,  QPSK信号,  誤り率の下界,  

本文: PDF(573.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
トレリス符号化変調(TCM)方式のガウス雑音に対する誤り率特性については,明らかにされており,その有効性はよく知られている.しかしながら,特に都市部の無線通信や有線通信等において問題となっているインパルス性雑音に対する効果については,いまだ未知の部分が多い.そこで,本論文では,トレリス符号化QPSK変調方式のインパルス性雑音に対するビット誤り率の下界値に対する解析法を明らかにした.また,計算機シミュレーションにより,インパルス性雑音に対するビット誤り率を求め,解析結果との比較を行い,その妥当性を確かめた.