教材構造と学習履歴に基づく復習課題系列の生成

米沢 宣義  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.2   pp.382-389
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (電子情報通信技術と教育論文特集)
専門分野: 教授設計モデル・教育評価
キーワード: 
CAI,  ICAI,  トポロジカルソート,  教授戦略,  学習課題,  

本文: PDF(458.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
2次元に構造化された教材構造を教授方針に従って1次元に整列したものを教授課題系列と呼び,この系列の課題順に課題を提示し教授する.本論文は,この教授過程で学習者が理解できない課題があったとき,その課題をできるだけ早く理解させるための復習課題系列を生成するアルゴリズムを提案する.復習課題系列は学習履歴と教材構造の形状から決定する.そのため,教材構造グラフの各ノード間に影響力という方向性のある統合力を導入し,この影響力を要素とするN次正方影響行列でN個のノードからなる教材構造の形状を記述する.復習課題系列は,グラフの有向枝をたどって整列するのではなく,木構造の形状を表す影響行列に学習履歴行列を作用させることによって得られる実数値のソートで求める.