あいまいな教授方略を反映した学習課題系列の生成

赤堀 侃司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.2   pp.362-370
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (電子情報通信技術と教育論文特集)
専門分野: 教授設計モデル・教育評価
キーワード: 
教育工学,  教授設計,  学習課題系列,  教授方略,  数理モデル,  あいまいさ,  

本文: PDF(540.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,教授設計の中の学習課題の系列化に関する提案である.系列化するときの教授設計者の意図を本論文では教授方略と呼ぶが,筆者は以前に,その教授方略に関して,関連性の概念を導入した教授方略モデルを提案した.この方法では教授方略の程度を0から1までの数値で表しているが,このような数値化は教授設計者にとって決定しにくい面があるので,これを主観的なあいまいな表現で表す方法を導入する.このときこれらの主観的レベルで表された教授方略を反映する学習課題系列は,一般に複数個存在するが,これらをすべて生成する方法を提案する.この方法によって,主観的なあいまいな教授方略のもとでの学習課題系列を求めることができる.