画像情報ネットワークシステムを用いた学部間遠隔講義の評価

守 一雄  大藪 泰  野村 彰夫  大下 眞二郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.2   pp.244-255
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (電子情報通信技術と教育論文特集)
専門分野: マルチメディアと教育システム
キーワード: 
遠隔教育,  教育メディア,  大学教育,  実践報告,  アンケート,  教授法,  

本文: PDF(793.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
信州大学画像情報ネットワークシステム(SUNS)は,分散したキャンパスをマイクロ波を利用した大容量ディジタル回線で結ぶものであり,約80km離れた松本市の本部キャンパスと長野市の工学部キャンパス間で結ばれている.本研究は,受講学生を半数ずつ遠隔講義室と通常講義室に配置するという実験的操作を加えて,同一講義の2種類の受講形態を直接に比較することにより,SUNSによる遠隔講義の教育効果を評価したものである.従属変数には,主観的な評定(アンケート)だけでなく,客観的な測度(理解度テスト・受講行動分析)も用いられた.分析の結果,遠隔講義においても通常の講義とほぼ同様の教育効果が得られることが明らかにされた.