聴覚障害者用文音声発話練習システム

村松 広丘  重永 実  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.2   pp.195-203
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (電子情報通信技術と教育論文特集)
専門分野: マルチメディアと教育システム
キーワード: 
聴覚障害,  発話練習,  教育機器,  CAI,  

本文: PDF(610.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
重度の聴覚障害児は,あるいは成人でも,たとえ個々の母音や単語を明りょうに発音できても,必ずしも文章を流ちょうに発話できるとは限らない.このシステムは先生によって与えられた正しい発話の韻律情報を見ながら発話することにより,両者の韻律情報や調音状態を比較したり,調音の仕方に対する矯正の指示を出すなど,矯正に必要ないろいろな情報を提供することにより,障害児の発話訓練をされる先生方を支援しようとするものである.音声波形,振幅包絡,基本周波数,声道断面積とその側面図,周波数スペクトル,調音に対する矯正の指示や母音,無声子音の識別結果などを表示し,障害児の母音や無声子音の調音だけでなく,正しい韻律で文章を発話する練習に使用することができる.操作は単純で年長者は自習にも使用できる.