ハイパーメディアを用いた問題解決方略に基づく探索学習システム

中村 直人  竹谷 誠  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.2   pp.164-172
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (電子情報通信技術と教育論文特集)
専門分野: マルチメディアと教育システム
キーワード: 
CAI,  数学教育,  ハイパーメディア,  探索学習,  

本文: PDF(642.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
数学の問題解決には,定義・定理・公式等の数学的命題知識MK(Mathematical propositional Knowledge)と,問題を把握・分析し解法の道筋を計画するための方略的知識SK(Strategic Knowledge)が必要である.これら二つの知識の効果的な学習法は問題解決能力の育成を目的としたCAIにおいて重要な課題である.既に開発したマルチメディアCAIシステム THEシステム(Terada Hirose Educational system)においては,MKを体系化したコースウェア学習法であるが,各問題ごとに「鉄則」と名づけたSKをMKと関連づけ具体化し,意識させることに成功している.しかし,積極的にSKの獲得を目指したシステムではない.そこで本論文では,まず数学教育の視点から問題解決の過程を考察し,SKの特徴について分析する.次にその知見に基づき,MKの履修を終えた学習者を対象とした,SKの体系に基づく学習者主体の探索学習法を提案する.最後にレーザーディスク利用の探索学習システムをハイパーメディア上で開発したので,その概念と実現方法を報告する.