θ-ρハフ変換平面からの2次曲線のパラメータ抽出

藤本 公三  岩田 剛治  仲田 周次  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J74-D2   No.9   pp.1184-1191
発行日: 1991/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(496.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ハフ変換法はパターンの検出法として広く用いられている.本研究では,直線抽出に用いられるθ-ρ平面へのハフ変換を2次曲線(だ円,双曲線,放物線)に適用したときに得られるθ-ρ平面における累積度数極大点(集積点)の(θ,ρ)値から曲線を表すパラメータを効率よく抽出する新たな方法を提案するものである.2次曲線を規定する最も重要な要素は2次曲線の軸成分である.2次曲線の軸に対する対称点における接線の角の2等分線が2次曲線の軸となる.また,2次曲線のθ-ρ平面へのハフ変換画像において,個々の集積点は2次曲線上の各点における接線に相当する.また,この集積点は曲線軌跡(接線軌跡)を描く.このことから,θ-ρハフ変換画像上の接線軌跡において,2次曲線の軸に対する対称点(θπ/2+α±θsまたはπα±θsの点)の(θ,ρ)値から2次曲線のパラメータが容易に抽出できる.また,本方式は同一の処理方法ですべての2次曲線に対するパラメータ抽出が可能である.更に,軸対称成分が存在していれば,パラメータ抽出が可能であり,部分曲線の抽出にも適している.