トレースを利用した戦略の獲得と知識の分類手法

小林 聡  大須賀 節雄  堀 浩一  山内 平行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J74-D2   No.8   pp.1043-1051
発行日: 1991/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 人工知能,認知科学
キーワード: 


本文: PDF(631.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
知識処理を設計,診断などさまざまな領域の問題解決に適用する際に,システムが専門家のもっている知識の適用戦略を記述する能力をもつことが重要であると認識されている.筆者らはメタレベル推論機能を備えた,多層論理に基づく知識処理システムKAUS(Knowledge Aquisitionand and Utilization System)を開発し,制御系設計問題や化合物の合成問題に応用し,その有用性を確認してきた.しかし,専門家のそのような知識はあいまいで,明確にメタ知識として記述できないことが多い.その原因の一つとして知識が専門家の頭の中で十分に構造化されていないということが挙げられる.従って,メタ知識を記述する前に知識の分類,整理を行わなければならない.本論文では,専門家によって与えられる知識の適用例(トレース)を利用して,知識を分類し,推論の効率を上げるための手法の一例を示す.同時にどの程度効率が上がるかを評価する手法も検討する.またインプリメントした実験システムを紹介し,その応用例を示す.