距離特徴を利用したディジタル図形分割の一手法

岡田 稔  横井 茂樹  鳥脇 純一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J74-D2   No.6   pp.698-707
発行日: 1991/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(634.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では図形の距離特徴に注目した図形分割の一手法としてD-図形分割を提案する.本方法は,図形を脆(ぜい)性を有する剛体とみなしたときに「割れやすいところで割る」という物理的イメージに対応した分割を意図したもので,任意の次元のディジタル図形に適用できる.情報を豊富にもつ濃淡ディジタル画像を対象とする領域分割に対して,1-画素の連結性などのトポロジカルな性質のみが画像特徴の手掛りとなるような2値ディジタル画像を対象とする領域分割(図形分割)では,利用できる情報が少ないため良い図形分割手法の構成は難しい.本論文ではまずD-図形分割の定義を示し,ディジタル空間でそれを実現するアルゴリズムを与える.また,人工図形に対する2次元D-図形分割の実験結果,および3次元D-図形分割の医用画像解析への応用例を示し,本方法の有用性を示す.