近似最大クリークを抽出する多項式時間アルゴリズムとその実験的評価

富田 悦次  高橋 治久  三間 慎介  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J74-D1   No.4   pp.307-310
発行日: 1991/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(246.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
節点数nのグラフに対して,できるだけ最大に近い極大クリークを0n3)-時間で抽出するアルゴリズムを提案し,その有効性を計算機実験により示す.