時分割両眼立体視を用いた3次元指示入力操作の評価

竹村 治雄  伴野 明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J74-D1    No.1    pp.33-38
発行日: 1991/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: 計算機システム
キーワード: 


本文: PDF(441.6KB)>>
論文を購入



あらまし: 
時分割両眼立体視手法で表示される画像を,同様に立体視表示されるカーソルを用いて指示する操作(3次元指示入力)の操作性について報告する.本研究では,指示対象画像とカーソルを時分割両眼立体視表示で表示し,ダイヤルボックス,マウス,3次元ディジタイザの3種類のカーソル操作用入力装置について,指示に要する操作時間(指示時間),指示誤り率の評価を行った.その結果,指示時間,指示誤り率ともに3次元ディジタイザが優れていることが明らかになった.ダイヤルボックス,マウスを用いた指示では,指示時間に指示の方向による異方性が存在すること.また,2次元指示で,目標の大きさと指示時間の間に成立するFittsの法則が3次元ディジタイザについても成立することが明らかになった.