人工脂質膜を用いたマルチチャネル味覚センサ

池崎 秀和
林 健司
山中 章己
立川 理江子
都甲 潔
山藤 馨

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J74-C2    No.5    pp.434-442
発行日: 1991/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 特集論文 (センサとLSIの知的集積化論文特集)
専門分野: 個別センサ
キーワード: 


本文: PDF(616.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
筆者らは,既に人工脂質膜を用いたマルチチャネルの味覚センサの特性が,人間の味覚特性と非常に類似していることを示した.本論文では,計測方法の改良を行うことで,センサの再現性をより高め,微妙な味の差の識別を可能とし,工業的な味の計測の実用化を計ることを目的とする.改良点は,以下のとおりである,第1は,絶対値測定から,センサにあらかじめ味のバイアスをかけた相対値測定にした点である.これにより,センサのトランスデューサ部は被検液に侵されにくくなり,繰返し使用が可能となった.第2は,センサに一定周期で外乱を与え,これに同期させて計測を行う点である.これにより,センサ出力が安定するまでの待ち時間が大幅に短縮でき,また,外乱による影響を受けなくなった.これらの結果,測定の再現性を飛躍的に向上させることに成功し,人間以上の詳細な味の識別が可能となった.そして,相対値測定の際のバイアスの変動や,測定時間の長さに測定結果が依存しないことを実験的に示し,これらの改良の妥当性を示す.更に実際の食品への適用例を挙げ,その有効性を示す.