論理演算を用いた連想記憶の一方式

三原 雅章  小林 稔史  山田 通裕  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J74-C2    No.5    pp.398-403
発行日: 1991/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 特集論文 (センサとLSIの知的集積化論文特集)
専門分野: 知的LSI
キーワード: 


本文: PDF(367.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
従来の対連想を行うニューロシステムは結合係数が実数であり,そのアナログ性のためディジタル処理を行うLSIには適さなかった.そこで従来の実数体での結合係数の算出法を2元体に適用することにより,論理演算だけで対連想を行う方式を提案する.具体的には,実数での行列演算と2元符号での行列演算が共に結合法則が成り立つことに注目し,はき出し法を2元符号での行列に適用することにより対連想を行う2元符号の結合係数を求めた.このことにより簡略な学習アルゴリズムで,LSI化しやすい対連想を行う方式が得られた.本論文では,まず,従来の実数体での対連想問題の解法を説明し,それを参考に2元体で対連想問題を解く方式を提案する.次に,本方式での対連想問題の解の存在条件を考察し,最後に本方式における雑音除去能力を計算した.