バイポーラトランジスタを用いた高周波相互誘導回路シミュレーションについて

重広 孝則  中村 正孝  米田 正次郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J74-C2   No.2   pp.53-60
発行日: 1991/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 


本文: PDF(395.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
伝送回路や電子回路の小形化,集積化に伴い,能動インダクタの実現では多くのシミュレーション法が提案されてきたが,トランス,相互誘導回路を用いた回路のシミュレーションについてはまだ十分でなく,特に高い周波数領域で結合係数の可変特性を実現,解析した例は見当たらない.そこで,本論文では高い周波数領域で,;回路中のトランジスタはすべてnpnで構成されている,;1個のコンデンサに流れる双方向の微分電流から2個のインダクタンス(自己インダクタンスと相互インダクタンス)を実現し,それぞれ独立に設定,調整できる,;左右対称回路であり,左右の回路をバッファにより結合しているため相互の影響が少ない等の特長をもつ新しい回路の提案をしている.まず,本回路の基本原理について述べ,次に,トランジスタの不完全性による影響を高い周波数で解析し検討した.応用例として中心周波数1MHzの複同調回路を実現した.実際に結合係数を可変し,単峰性,平たん性,双峰性のほぼ理論どおりの周波数特性が得られ,本回路の有効性を確認すると共に良好な実験結果を得た.