エルビウム光増幅器の利得飽和を用いた光出力の安定化とソリトン通信への応用

山田 英一  鈴木 和宣  中沢 正隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J74-C1   No.5   pp.167-175
発行日: 1991/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 量子エレクトロニクス
キーワード: 


本文: PDF(570.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
伝送用光ファイバと利得が飽和する領域で動作するエルビウム光増幅器とをカスケードに多段接続した光伝送システムにおいて,光信号強度を光レベルで自動的に制御する新しい手法を提案する.また,この方法を利得飽和領域で動作するエルビウム光増幅器を用いた全長250 kmにわたる光ソリトン伝送に適用する.その結果,入力の変化にかかわらず伝送後のソリトンの光強度とパルス幅は一定となり,入力信号の変動に対して極めて安定なソリトン通信を実現できることを示す.