現用光ファイバ線路の心線対照を目的とした光ファイバ曲げ入射/曲げ出射光学系の検討

清水 正利  小林 英夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J74-B1   No.7   pp.570-576
発行日: 1991/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信線路,ケーブル
キーワード: 


本文: PDF(445.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光ケーブルの支障移転やケーブル統合に際して現用回線を高速で新設回線へ切り換える光ファイバケーブル切換接続システムの開発を進めている.本システムを構成する技術の中で,異なる2切換点において保守対象の現用光ファイバ心線を効率良く確認するための心線対照技術は重要な要素技術となる.本論文では,現用回線の心線対照を目的とした光ファイバ曲げ入射/曲げ受光結合系に対する曲げ入射条件および曲げ受光条件について論じている.曲げ入射条件については,対照信号光がコアモードとして伝搬可能な曲げ入射角と曲げ半径,UV被覆厚の偏差,屈折率整合剤の屈折率の関係を明らかにした.更に,曲げ入射用光ファイバと被入射光ファイバとの入射軸ずれ量と曲げ入射効率の関係を示し,入射光ビームのスポットサイズを小さくし,光源の波長を長くすることにより曲げ入射効率を大きく取れることを明らかにした.また,曲げ受光条件については,コア内を伝搬する対照信号光を曲げ受光したときの光源波長に対する曲げ受光効率について検討し,光源波長を長くすることにより曲げ受光効率を大きく取れること,更に,曲げ半径を6mm以下とすることにより効率良く受光できることを明らかにした.