ロータリ型メカニカル光スイッチの検討

小林 英夫  清水 正利  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J74-B1   No.6   pp.523-531
発行日: 1991/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信用デバイス・回路
キーワード: 


本文: PDF(495.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,回転により光ファイバを直接切換る機能を有するメカニカルな光スイッチを提案し,その構造設計に資する動特性解析と試作スイッチの特性評価について述べる.提案のメカニカルな光スイッチの構造・動作原理,切換トルク等静的な力学解析法について述べる.動的な運動特性として切換整定時間特性,伝達関数について検討し光スイッチが内部フィードバック機能を備えており,オープンループで回転切換制御が行えることを理論的,実験的に明らかにする.マルチモードファイバを用いた場合の光スイッチの切換接続損についてボール,ロッド,光ファイバ等の構造に起因する軸ずれ損失を理論的,実験的に検討する.試作光スイッチの特性として切換接続損は0.68dB,1×6切換え時の切換整定時間は134msが得られ,理論的な特性とほぼ一致する結果が得られたことを述べる.