光アクセス機能を有する単一モード光コネクタ

清水 正利  小林 英夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J74-B1   No.6   pp.517-522
発行日: 1991/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信用デバイス・回路
キーワード: 


本文: PDF(382.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
建設,保守対象の光ファイバ心線を確認するための心線対照技術の向上を目的として,対照信号光を外部から入射可能な,また,対照信号光をモニタ可能な光アクセス機能を有する単一モード光コネクタの構造設計法を明らかにしている.本論文では,まず,フェルール中央の単一モード光ファイバ先端近傍から単一モード光ファイバに接触するように光導波路を配置し,光導波路のもう一方の片端をフェルール外部に取り出したコネクタ構造を提案した.次に,提案した本コネクタの接続損とモニタ効率の関係,光導波路接着用UV樹脂の屈折率とモニタ効率の関係,接続損とインジェクション効率の関係を明らかにし,本コネクタの構造設計法を明確にした.更に,光コネクタを試作し,モニタ効率とインジェクション効率の和が光源波長λ=1.3μmのとき,-75.6dB,λ=1.55μmのとき,-80.8dBとなり,受光器の最小受光レベルが-90dBm,光源の最大出射光パワーが+10dBm程度であることから,任意の接続点において対照信号光をインジェクション-ディテクションすることが可能であることを確認した.