光コネクタ切換機構の設計と特性

小林 英夫  清水 正利  渡辺 一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J74-B1   No.5   pp.408-416
発行日: 1991/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 光通信方式
キーワード: 


本文: PDF(574.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光ファイバケーブルの心線切換をコネクタ単位で既設ケーブルから新設ケーブルに切換るコネクタ切換機構の動特性を理論解析と実験により明らかにしている.論文では,まず切換動作時のフェルールの水平および垂直移動機構の力学モデルの振動特性解析を行い,振動整定時間を計算で求め短時間切換を実現する構造設計について述べる.次に,既設フェルール内のガイドピンをフェルール内で事前に移動して切換ると切換時間の短縮に効果のあることを述べ,切換時間20ms程度の高速切換が可能であることを示す.最後に,試作した切換機構を用いてコネクタ切換の実験を行い,18~22msのコネクタ切換が実現できることを示すと共に切換の信頼性について述べ,1500回の切換試験の平均接続損は0.34dBであり,良好な特性を有していることを示す.