局設置された切換えコネクタの同期切換えシステムの設計と特性

渡辺 一郎  小林 英夫  上野 孝次  上野谷 拓也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J74-B1   No.12   pp.1074-1085
発行日: 1991/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信方式,通信伝送機器
キーワード: 


本文: PDF(779.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
中継系の切換えは中継距離および線路損の面から切換え素子を局に設置し同期切換えを行う方式が有効である.本論文では局設置された切換えコネクタの駆動条件の最適化および局間の同期偏差の検討を行い, DSW と同等程度の10ms以下で同期切換えが行える設計条件を明らかにする.また,制御ファイバ心線上でバースト性のビット誤りが発生した場合に切換え失敗率を抑制するため,同期制御手順に変動アボート率法を採用することにより,10-5以下の切換え失敗率に抑制可能なことを示す.最後に,試作した同期切換えシステムのフィールド適用時の同期切換え特性を示し,十分実用に供し得ることを明らかにする.