ユニバーサルパーソナル通信(UPT)へのOSIディレクトリの適用と評価

小花 貞夫  堀内 浩規  加藤 聰彦  鈴木 健二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J74-B1   No.11   pp.959-970
発行日: 1991/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (情報通信ネットワーキングアーキテクチャ論文特集)
専門分野: 運用・管理
キーワード: 


本文: PDF(720.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
通信利用者の移動にかかわらず,どこからでも通信を可能とするユニバーサルパーソナル通信(UPT)が,新しい高度な通信サービスの一つとして注目されている.このようなUPTでは,網がルーチング,スイッチング制御やサービス制御を行うために必要となる利用者のアドレス情報やサービスプロファイルなどの情報を提供するデータベース(UPTネームサーバ)が不可欠となる.本論文では,効率的,かつ経済的にUPTを実現するため,既存OSIディレクトリ標準のUPTネームサーバへの適用について論じた.ここでは,まず,UPTネームサーバに必要となる機能を体系的に整理,分類し,各機能とOSIディレクトリ機能との対応を五つの対応付け規則として示した.同時に,これらの対応付けに従い,UPTネームサーバのプロトタイプを構築し,処理効率やファイル容量の実験結果から,UPTネームサーバへのOSIディレクトリの適用性を実証した.