状態空間ディジタルフィルタのブロック状態実現における係数感度解析

恒川 佳隆  志田 純一  川又 政征  樋口 龍雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J74-A    No.7    pp.996-1005
発行日: 1991/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 


本文: PDF(578.7KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,ブロック状態実現に対する係数感度の周波数特性の解析を行っている.まず,係数感度の導出を行い,ブロック状態実現の係数感度が通常の状態空間実現と異なり,ブロック長Lに対して(2π/L)の周期性をもち,また周期内において対称性を有することを明らかにする.その結果,ブロック状態実現の係数量子化において,通常は通過域端のみに現れる係数感度のピークが,他の周波数領域においても繰り返し複数個現れることによって,特有の係数量子化誤差が発生することを示す.従って,ブロック状態実現のフィルタ設計においては,この点においても考慮する必要がある.また,周波数領域全体の係数感度の大きさを評価するため,係数感度の測定を新たに定義する.この係数感度の測度は,通常の状態空間実現の場合を更に発展させ,L入力L出力システムであるブロック状態実現の伝達関数の各要素に対するサブフィルタの状態共分散行列と雑音行列で表されることを示し,最後にその計算例を示す.