改良型確率こう配法を用いたIIR形適応ノッチフィルタの構成

金城 繁徳  神林 紀嘉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J74-A   No.7   pp.1014-1022
発行日: 1991/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: システムと制御
キーワード: 


本文: PDF(602.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,適応アルゴリズムとして演算量の少ない確率こう配法を用いたIIR形適応ノッチフィルタ(ANF)の特性検討を行い,改良型アルゴリズムの提案と計算機シミュレーション結果を示している.まず,従来のIIR形ANFの構成と確率こう配法,そしてこれらの性質を述べる.IIR形ANFに確率こう配法を適用したとき従来知られた問題点として,収束特性がノッチフィルタのノッチ特性の向上と共に劣化することが挙げられる.本論文は,その従来知られた問題点に加えて適応後の係数変動が増大することを指摘しており,その原因を明らかにする.続いて,収束特性の改善と共に,適応後の係数変動を抑えた確率こう配切換えアルゴリズム(SGEA)を提案する.本方法は,アルゴリズムの収束速度に関するパラメータと適応後の係数変動に関するパラメータを別々に設定できる特徴をもつ.更に本アルゴリズムは,入力信号のS/Nに影響されないこう配電力のしきい値を定め,効率の良い切換えを行うことができる.最後に,SGEAの有効性を計算機シミュレーションにより示す.