ブロック状態実現を用いた状態空間ディジタルフィルタ用高性能VLSIアーキテクチャ

恒川 佳隆  志田 純一  川又 政征  樋口 龍雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J74-A    No.6    pp.848-856
発行日: 1991/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 


本文: PDF(606.5KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文は,ブロック状態実現を用いて,極めて高いスループットと精度をもち,しかもPE数と滞在時間をできるだけ小さくなるように考慮した高性能VLSIアーキテクチャを提案し,その性能評価を行う.まず,ブロック状態実現の並列化の条件を明らかにし,その条件が通常の状態空間ディジタルフィルタに対して我々が先に提案してきた滞在時間が極めて小さい高並列VLSIアーキテクチャに適合することを示す.そこで,このアーキテクチャにブロック状態実現を適用した1次元のSIMDアレー実現を示す.次に,更に高速化を目的としてこの1次元のSIMDアレーを発展させて,PEを階層構造化してパイプライン処理を行った2次元のSIMDアレー実現を新たに提案する.最後に,それぞれの構成法に対する性能比較を行い,総合評価を行う.その結果,我々が提案した2次元のプロセッサアレー実現を用いることによって,PE数と滞在時間の増加を極力抑えた上で,極めて高速でしかも高精度なディジタルフィルタが実現可能となることを示す.