集中ブルーンタイプ区間と均一線路で等価表現される不均一線路の整合回路への応用

大場 佳文  根元 義章  佐藤 利三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J74-A   No.10   pp.1524-1532
発行日: 1991/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 回路理論
キーワード: 


本文: PDF(471.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
集中直列共振回路と均一線路,それに負の符号の集中Tタイプブルーン区間で等価表現される不均一線路(NTL-SR)は,その特性インピーダンス分布に極値点をもつ.この極値点を積極的に利用すると,NTL-SRは純抵抗負荷に対して,優れた整合回路となり得る.最初に,NTL-SRMS(NTL-SR fitted to Matching Section)の等価回路を求める.NTL-SRMSは入出力端で特性インピーダンス分布の微分係数がゼロとなるNTL-SRである.次に整合回路としてのNTL-SRMSの伝送特性を示す.それから,このタイプの整合回路の設計について述べ,最後に,理論の正しさを証明するため,実験結果についても報告する.