英数字認識に対するフィードフォワード形PDPモデルの比較検討

加藤 喜永  丹 康雄  江島 俊朗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D2   No.8   pp.1249-1254
発行日: 1990/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (ニューロコンピューティング論文特集)
専門分野: 文字認識への応用
キーワード: 


本文: PDF(519.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,2種類のPDP(Parallel Distributed Processing)モデルを用いた英数字認識について述べる.用いたモデルは多入出力ユニットをもつ新しいタイプのモデルFPM(Fuzzy Partition Model)と従来形のBP(Back-Propagation)モデルである.誤差評価関数が異なる二つのBPアルゴリズムがこれらのモデルに適用され,マルチフォント認識における学習回数と認識率とが比較される.実験結果として,Kullbackダイバージェンスで評価したFPMが従来のBPモデルに比べて,はるかに少ない学習回数で,より正確に認識することを示す.更に,FPMユニットの相互抑制作用と共に,誤差評価関数としてのKullbackダイバージェンスが,学習回数を少なくできる理由を考察する.