神経回路網の理論的研究における最近の動向

倉田 耕治  麻生 英樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D2   No.8   pp.1103-1110
発行日: 1990/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 解説論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(738KB)>>
論文を購入




あらまし: 
神経回路モデルに関する最近の理論的な研究について解説を試みる.本論文では,特に学習,記憶,自己組織機能に関する理論的解析に焦点を当て,誤差逆伝搬学習法に関して,非階層ネットワーク,連続時間モデルへの拡張,学習の加速,学習の完全性,データ解析手法との関連について,またトポグラフィックマッピングの自己組織モデルに関して,信号空間の方が神経場より次元が高い場合の解析とコラム状構造の形成について述べる.更に連想記憶モデルや3層神経回路網の容量の理論的評価,およびVC次元を使った理論の神経回路網の学習の般化能力の評価への応用を紹介する.