炭素電極を用いた電解融合-培養装置に関する基礎的研究

畠山 豊正  入島 勉  山屋 浩  八木 寛  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D2   No.5   pp.767-776
発行日: 1990/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: バイオサイバネチックス
キーワード: 


本文: PDF(967.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は炭素電極プールを用いた大量細胞融合-培養装置の開発に関する基礎的研究を行ったものである.すなわち,パールチェーンの形成,電界融合,細胞培養の3段階を,特に電界効果を中心に調べてある.開発した電極プールは,平行形と同心円形のもので,それぞれ内ぶたをすることによって,細胞の観察がしやすいように工夫し,更に,ペトリディッシュ内に密閉することによって空気中からの菌の侵入を防ぐようになっている.しょ糖を3%混入した0.65Mマンニトール溶液中のニンジン根とホウレンソウ葉肉混合プロトプラストに,1MHz,10kV/mの電界を印加したところ空間的にパールチェーンを形成した.これに直流高電界パルスを印加することによって多量の融合細胞を得ることができた.また,培養中のプロトプラストに,20MHzの電界を印加したところ,細胞壁の再生が促進された.更に,炭素電極が培養中に発生するカビの抑制作用をもっていることを示した.