2眼式立体画像の情報圧縮と奥行き形状の再現性

山口 博幸  立平 靖  秋山 健二  小林 幸雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D2   No.3   pp.317-325
発行日: 1990/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(856.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
立体画像を通信に用いることにより臨場感の向上が期待されている.このような通信においては,複数枚の画像を同時に伝送する必要がある.本論文では,2眼式立体画像の情報圧縮を目的として,画像の統計的性質,および人の立体知覚特性から見た画像の特性について検討を行っている.はじめに,左右の画像の相互相関を利用した情報圧縮の可能性を示した.これに基づき左右の画像の共通部分を削除するブロック処理の方法を提案し,その効果を評価している.次に,現行テレビジョンを用い立体表示する場合,奥行きの空間周波数帯域を制限しても立体形状を視覚的な劣化なしに再現できるが,奥行きの振幅に関しては,現行テレビジョンの水平解像度不足のために連続的な奥行き再現が難しいことを実験的に示している.更に,この不連続的な奥行き再現を改善する方法を提案すると共に,その有効性を評価している.