剰余数系に基づくULSI/WSI算術演算システムの欠陥救済方法

苫米地 宣裕  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J73-D1   No.1   pp.72-78
発行日: 1990/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: フォールトトレランス
キーワード: 


本文: PDF(476.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ULSI(Ultra-large scale integration)やWSI(Wafer scale integration)と呼ばれるような極めて集積度の高い算術演算システムの製造欠陥救済方法について述べている.その方法として,剰余数系に基づいてフォールトトレラントシステムを構成し,これによって欠陥救済を行う方法を提案している.まず,多数の欠陥に適用できる簡単な多重誤り訂正回路の構成法を示している.また,提案した方法で欠陥救済を行ったULSI/WSIシステムの歩留り解析を行っている.結論として,提案した方法によれば,歩留り50%のVLSIを基準VLSIとしたとき,その10~20倍の有効チップ面積を有するULSIが,歩留りの低下なしに実現できること,および,基準VLSIの100倍の面積を有するWSI上に,基準VLSIの20倍の有効チップ面積が,歩留りの低下なしに実現できることがわかった.