基本形状の電波放射素子の周囲空間における電波インピーダンス

山口 尚  雨宮 好文  奥村 善久  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J73-B2   No.7   pp.336-343
発行日: 1990/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 電磁環境
キーワード: 


本文: PDF(584.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
人間の健康を考慮した電波防護基準が諸外国で制定されている.現在の基準値のほとんどは,照射電波の電力密度または電界や磁界の強度で表示され,通常これらの諸量の間の換算には,電波源から遠方の地点の電磁界(遠方界,平面波)の関係式が使用されている.しかし,電波が最も強力な電波源の近傍では,波源の種類や観測点の位置の違いにより,前記諸量の関係が異なるため,基準値の見直しに際して再考すべきとの意見がある.本論文では,電波源近傍における防護基準値の見直しのための各種電波応用機器の電波源のモデル化,および電波遮へいなどのための基礎資料を提供するため,電気ダイポール,磁気ダイポール,半波長アンテナ,微小円形電流ループ,小形ヘリカルアンテナなどの基本形状の電波放射素子近傍において,電波の性質を特徴づける量の一つである電波インピーダンスの距離特性と空間分布を明らかにした.