TDMAディジタル移動通信における周波数オフセット補正機能を有するMLSE受信器の構成

岡ノ上 和広  永田 善紀  古谷 之綱  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J73-B2   No.11   pp.736-744
発行日: 1990/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (ディジタル移動通信論文特集)
専門分野: 適応等化
キーワード: 


本文: PDF(667.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,高速TDMAディジタル移動通信環境下における厳しいとき不変な符号間干渉によるひずみと周波数オフセットによるひずみを周波数オフセット推定用のプリアンブルを用いずに除去する新しい最ゆう系列推定受信器を提案している.本受信器は受信データ信号の整合フィルタ出力を蓄積し,整合フィルタ出力から周波数オフセット推定を行い,推定値に基づいて蓄積された整合フィルタ出力を補正して最ゆう系列推定を行う.この方式では,整合フィルタの時間的に分散した有意信号を同相合成する性質を利用しており,いかなる通信路インパルスレスポンスに対しても周波数オフセットを推定できることを理論的に示している.本受信器の受信特性を差動符号化GMSK変調を用いて計算機シミュレーションにより評価した.その結果,本受信器では,符号間干渉を生じさせる遅延波群がそれぞれ独立なレイリーフェージングを受ける環境において,ボーレートの±1/300程度の大きな周波数オフセットに対しても実用上十分な受信特性(B.E.R.<10-2)を達成できることを明らかにした.