ディジタル移動通信における無瞬断チャネル切換制御

薮崎 正実  尾上 誠蔵  有田 武美  品川 準輝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J73-B2    No.11    pp.585-594
発行日: 1990/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (ディジタル移動通信論文特集)
専門分野: システム構成・制御・アクセス方式
キーワード: 


本文: PDF(857.9KB)>>
論文を購入



あらまし: 
現在,世界各国において,ディジタル移動通信システムの開発が鋭意進められつつある.ディジタル移動通信システムにおいて,いっそうの極小ゾーン化が図られ,また,データ通信サービスが提供されるようになると,チャネル切換えによる通信の瞬断が通信品質全体の大きな劣化要因となる.従って,通信品質向上のためには,チャネル切換えの無瞬断化が必要になる.本論文では,ディジタル移動通信システムにおけるチャネル切換えの無瞬断化技術として,まず,通信を継続しているタイムスロット以外の時間範囲に切換え先のキャリヤにおいてTDMAバースト同期をとることにより,無線チャネルの無瞬断切換えを行う方式に提案する.次に,チャネル切換え前後の基地局と交換制御局間の有線区間において伝送遅延差を呼ごとに調整してマルチ接続することにより,有線チャネルの無瞬断切換えを行う方式を提案する.また,瞬断確率等の方式特性について解析し,トラヒックシミュレーション結果と比較評価する.更に,これらのチャネル切換制御方式を実現するために,全基地局と全交換制御局で有線チャネルを通してTDMAフレーム信号を送受して同期合せを行う方式について述べる.