優先権Stop-and-Wait ARQ方式

小松 雅治  林田 行雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J73-B1   No.2   pp.117-126
発行日: 1990/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信方式,通信伝送機器
キーワード: 


本文: PDF(753.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来,ARQ方式はパケットの優先伝送を考慮に入れない場合について考えられてきた.本論文では,パケットに優先パケットと非優先パケットがある場合のStop-and-Wait ARQ方式について考察する.考察対象となるARQ方式として,同期式非割込み優先権方式,同期式割込み優先権方式および非同期式割込み優先権方式の三つのARQ方式を挙げる.同期式の二つの方式は,非優先パケットの伝送に対する優先パケットの優先伝送が,非優先パケットの確認信号の受信に同期して行われる.また,非同期方式では,非優先パケットの確認信号の受信とは無関係に,優先パケットの伝送が優先して行われる.これらの方式は通常のStop-and-Wait ARQ方式の送受信動作を基本とし,簡単な修正を加えることによって実現できる.また,これらの方式を離散時間系待ち行列としてモデル化することによって解析を行い,スループット特性,パケット遅延特性などの特性評価式を導出し,更に,特性例を挙げ,これらの方式の特性評価を行っている.