高速時分割型光交換システムの構成法

村上 孝三  下江 敏夫  黒柳 智司  六川 裕幸  清野 實  女鹿田 直之  小田川 哲史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J73-B1    No.10    pp.751-759
発行日: 1990/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 交換,通信処理
キーワード: 


本文: PDF(727.8KB)>>
論文を購入



あらまし: 
光ファイバ伝送路からの光情報を光のまま交換する光交換の研究が活発化している.光ファイバ伝送路が時分割型伝送方式に基づいて大容量,経済化されていることから,光交換方式の中でも時分割方式は,伝送路との整合性という点でキーテクノロジーであり,将来の交換機の高速化,大容量化には必須である.しかしながら,システム,デバイスともまだ本命と言えるものは開発されていない.本論文は,まず時分割型光交換方式の通話路構成要素である空間スイッチと時間スイッチの構成法について検討し,高速化,大規模化の点で空間スイッチとして最適な光マトリクススイッチの構成法の提案と,現状で構成可能な時間スイッチ構成を示す.また,これらの構成法に基づいて光スイッチと光双安定半導体レーザを組み合わせた時分割型光交換システムの試作を行い,512Mbit/s動作を実現したことを報告する.