TMUX技術を応用した音声秘話方式の検討

東 充宏  長谷部 高行  鳥居 直哉  秋山 良太  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J73-A   No.7   pp.1261-1269
発行日: 1990/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報セキュリティ基礎
キーワード: 


本文: PDF(696.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,アナログ音声信号のスクランブル技術として,少ない信号処理量で音声帯域を効果的に細分化することができるトランスマルチプレクサ(TMUX)技術を応用した帯域分割置換秘話方式を提案し,その信号処理の原理構成,およびフィルタの設計法について示す.また計算機シュミレーションにより,復号音声品質,回線特性の影響,秘話性の評価を行った.その結果,復号音声品質については,固定,可変転置を行った場合の復号音声品質とフィルタタップ数の関係について定量的な評価を行い,実用上十分な音声品質が得られた.また,群遅延ひずみ,同期ずれ,周波数オフセット等の回線特性を付加した場合にもあまり影響を受けないことが分かり,各種キャンセラ等の付加回路を必要としない経済的な方式であることが分った.更に,秘話性については,数字了解度試験を行い,従来方式と同程度以上の高い秘話性が得られ,本秘話方式は,復号音声品質,経済性,秘話性共に優れた有効な秘話方式であることを示している.