双曲線関数クラスの不均一線路を用いた複素インピーダンスの整合回路

遠藤 勲  秋山 道雄  根元 義章  佐藤 利三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J73-A   No.1   pp.59-66
発行日: 1990/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 回路理論
キーワード: 


本文: PDF(599.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
不均一線路を用いた集中複素インピーダンス負荷に対する簡単な構造の整合回路の設計法について述べている.特性インピーダンスが三角関数または双曲線関数の2乗で変化する不均一線路を等価回路表示すると,集中定数のリアクタンス,擬似一様線路,理想変成器,更に集中リアクタンスの四つの区間の縦続接続で表されるが,この二つのリアクタンス素子が負値を取る場合が生ずる.これを積極的に利用すると,負荷のリアクタンス成分と等価回路中のそれを正負相殺するという考え方を用いた広帯域な整合回路の設計が可能となる.本論文では,集中RC直列負荷インピーダンスの整合に的を絞って設計法を説明している.また理論を裏づける実験結果について報告している.