2元ハフマン符号の冗長度の下界

小林 邦勝  伊藤 照男  根元 義章  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J73-A   No.1   pp.168-172
発行日: 1990/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(317.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
情報源符号の中で平均符号長が最小となるハフマン符号の効率が,最も頻繁に発生する通報の確率Pmaxに対してどのように変化するかを調べる目的で,0<Pmax<0.4の範囲における2元ハフマン符号の冗長度の下界を求めた.