既約円周等分多項式に関する考察

杉村 立夫  末次 康徳  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J73-A   No.12   pp.1929-1935
発行日: 1990/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報理論,符号理論
キーワード: 


本文: PDF(619.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
既約多項式の導出は,従来ランダムに与えられた多項式を既約判定する事により行われてきたが,近年,特定の形を持った既約多項式の導出や変数変換を用いた導出等,組織的な既約多項式の導出法が与えられている.本論文では,円周等分多項式に対して既約という観点から考察を加えることにより,既約円周等分多項式が存在するための条件を明確にすると共に,その多項式が特定の形をとる事を示す.また,その条件を満たせば無限個の既約多項式が生成できることを示す.