刻印文字認識のための文字切出し方式

中野 倫明  山本 新  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J72-D2   No.9   pp.1407-1414
発行日: 1989/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(728.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
自動車生産工程では,生産指示や生産管理のために車体に打刻された車台番号(Frame Number)の認識が不可欠となっている.車台番号の刻印文字は,刻印機の打刻圧の変動のため,打刻される文字ごとや打刻位置ごとに刻印溝の幅・深さが異なる.また,打刻による刻印溝周辺のひずみにより,刻印表面の任意部分に緩やかな凹凸が生じる.このような刻印文字に照明を当てて撮像し2値化すると,文字間の接触や1文字の分離などが任意の部分で頻繁に起こり,個々の文字領域を正確に抽出することは難しい.本論文は,このような刻印文字を正確に切り出す方法について述べたものである.考案した方法は,濃淡画像を2値化せずに各行ごとの濃度のばらつきの度合を求め,その大きさの違いによって各文字を分離する手法である.この手法による実験の結果,英数字36字種・記号2種の刻印文字11,000文字を用いた文字切出し率は99.9%,文字切出し後の英数字15字種・1,500個の文字についてのリジェクトなしの識別率は99.5%と従来の方法に比べて高い値を示し,この方法の有効性を確認することができた.