カーディナルスプラインによる自由曲面の融合法

栗山 繁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J72-D2   No.9   pp.1341-1347
発行日: 1989/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(533.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
コンピュータグラフィックスにおける複雑な自由曲面の設計には,それを生成する基底関数の細分割による階層的な詳細化が有効であるが,それに加えて,独立に生成された自由曲面同士を融合させることができれば,より柔軟な曲面の形状操作環境を得ることができる.本論文では,幾何学的な傾斜と曲率の連続なスプライン基底関数を多重節点をもつB-Spline基底により構成し,曲面間の融合に適した新たな補間法を提案する.補間関数はカーディナル基底として用いられるものと,基底関数の和の正規化のために用いられるものから構成される.本手法は2次の幾何学的連続性をもつ,任意の双4次以下の曲面同士の融合に対して適用され,各曲面の節点数,節点間隔の一致に対する制約条件を無視できるという利点がある.