文節発声の日本語入力システムにおける日本語変換法

坪井 俊明
管村 昇
富久 昭弘
小橋 史彦

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J72-D2    No.8    pp.1284-1290
発行日: 1989/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (新しい音声処理技術特集)
専門分野: 音声認識・連続音声認識
キーワード: 


本文: PDF(653.3KB)>>
論文を購入



あらまし: 
文節発声の日本語入力方式における日本語変換法について検討した結果を報告する.連続音声の認識においては,調音結合などのために,付加,脱落,および置換誤りが生じる.これらの誤りに対処するため,単純な辞書照合に基づく文法処理に加えて,単語スポッティング結果,セグメンテーションの確実さ情報,スポッティングされたCV音節の位置情報および継続時間長等の音声認識情報を用いると共に,言語情報として,文節を構成する各要素の特徴(素性,出現傾向等)を利用した文節候補選択法(文節構成パターン解析法)を用いている.また,置換誤りに対処できる付属語処理も用いている.提案する日本語変換法の評価実験を行った結果,音節認識率79%のとき日本語変換率(文字単位)76%を得ることができ,単純な辞書照合に基づく文法処理のみを用いた場合と比較して,50%程度日本語変換性能を向上させることができることを確認した.