パラメータ導出型日本語音声規則合成装置の評価

樋口 宜男  山本 誠一  清水 徹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J72-D2   No.8   pp.1133-1140
発行日: 1989/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 招待論文 (新しい音声処理技術特集)
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(742KB)>>
論文を購入




あらまし: 
これまで日本語合成音声の評価方法に関して体系的に論じられたことがほとんどなかった.そこで筆者らは一つの試みとして了解性(音素的特徴に起因するもの,韻律的特徴に起因するもの),自然性,非言語的要素に分けて,それぞれの評価方法を提案すると共に,筆者らが開発した音声規則合成装置の合成音声を対象に上記の方法を用いて評価したので,その結果について報告する.評価試験の結果,100音節明りょう度試験では男声で87.8%,女声で81.6%の正解率が得られており,単語識別試験,文章書取り試験の結果では98~99%の単語・文節正解率が得られている.また,韻律的特徴に起因する了解性についても十分な了解性があることが確認されており,多少合成音を聞き慣れた人には十分受け入れられる品質であることが明らかになった.