2次元ドップラー信号の同時処理機能を有するバーストスペクトルアナライザ

福岡 豊  岡田 英史  南谷 晴之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J72-C2   No.4   pp.263-268
発行日: 1989/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 電子計測・制御
キーワード: 


本文: PDF(494.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,Ladingにより提案されたバーストスペクトルアナライザ(BSA)を改良し,これまで,2台の処理器を必要とした2次元レーザドップラー速度計(2-DLDV)の信号処理を,1台の処理器で行うシステムを考案する.BSAは,SN比が低い場合や速度変動の激しい流れの計測が可能であり,LDV計測においては極めて有効である.また,BSAは,FFTを利用しているので,二つの周波数ピークをもつ信号の処理も可能である.本論文では,この性質に着目し,従来のLDV信号処理器の1信号入力,1周波数出力という考え方を脱し,2次元LDVの信号処理を1台のBSAで処理する方法を考案し,実際に回転円板の速度計測を行い,その有効性を示した.