RAMニューロンによるホップフィールド・ニューラルネットワーク

阿江 忠  相原 玲二  新田 健一  久長 穣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J72-C2   No.12   pp.1106-1113
発行日: 1989/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 集積エレクトロニクス
キーワード: 


本文: PDF(673.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ニューロンのハードウェアモデルには,アナログあるいはディジタル回路が既に提案されているが,アナログ回路は素子値のチューニングが必要になるという問題がある.一方,ディジタル回路の多くはニューロンの演算(積和と比較)を直接実施しようとするため,必ずしも簡単な回路構成とは言えなくなる.本論文では,ディジタルニューロンを実現する新しい方法として,RAMによりしきい値関数をテーブル(真理値表)として与える方法を採用する.その結果,素子感度の小さいディジタルニューロンを得ることができる.このRAMニューロンを用い,ホップフィールド・ニューラルネットワークを構成したときの問題点とその解決法について述べる.