接地-非接地変換回路の一構成法について

重広 孝則  沖根 光夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J72-C2   No.12   pp.1039-1045
発行日: 1989/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 


本文: PDF(428.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
LCフィルタの低素子感度性を受け継ぐLCシミュレーション形構成法の中に,インダクタンスを直接シミュレートする方法があるが,非接地のインダクタンス実現には困難な問題があった.更に,種々の回路を実現する際,非接地形が好ましくないときや任意の接地回路を一括非接地化したい場合等の検討も必要であると考えられる.そこで,本論文ではこれらの問題を解決する一方法として,接地形2端子回路ならびに4端子回路を非接地回路に変換する回路を提案している.まず,本回路のトランジスタの不完全性による影響を周波数帯によって解析し,検討した.次に,本回路の応用例としてT形非接地インダクタンス回路が要求されるLC有極形低減フィルタを示し,本回路の有効性を確認した.最後に,中心周波数100kHzの7次全域通過回路を試作し,良好な実験結果を得た.