21GHz帯LDR基地局用成形ビームアンテナ

野本 真一  渡辺 文夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J72-B2   No.4   pp.150-161
発行日: 1989/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 


本文: PDF(834.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
21GHz帯LDR(端末系広帯域無線伝送方式)の多方向型システムへの応用を目的として,垂直面内で改良されたコセカント2乗ビーム,水平面内で扇形ビームの指向性を有する基地局用アンテナを開発した.アンテナは,鏡面修整された1枚の反射鏡を回転対称なビームを有するコルゲート円すいホーンでオフセット給電する構成をとっている.鏡面修整法として,幾何光学的手法と物理光学的手法とを組み合わせ,効率的でかつ高精度な方法を提案している.すなわち,まずビームの高利得部(ビームノーズ)に着目して2重局面反射鏡の手法を拡張し鏡面の主要部を幾何光学的に求め,次に低利得部(ビームスカート)を形成するために,鏡面の一部に物理光学的鏡面修整法を適用している.また,ホーンを頂点としホーン軸からの開き角が一定の円すい上に鏡面の周縁形状を定義することによって,鏡面エッジ照射レベルを偏波によらずに低くかつ一様に制御しており,サイドローブ特性の向上を図っている.試作アンテナの放射特性測定結果は極めて良好であり,本アンテナ設計法の妥当性,有効性を立証した.実測値には,レドームに雨滴が付着した場合のシミュレーション実験結果を含んでいる.