自動車内信号用シリアル通信方式の検討

原田 義久  西村 良博  木村 雅人  長瀬 宏  瀧川 光治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J72-B1   No.9   pp.721-729
発行日: 1989/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 信号方式,通信プロトコル
キーワード: 


本文: PDF(805.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
車載センサ,アクチュエータ駆動用パワーデバイスは将来的には信号処理機能,制御機能(CPU機能)を内蔵した知能化が考えられる.このとき,これらセンサ,パワーデバイスとセンタCPU間をネットワーク化する通信機能が重要となる.この通信機能は小規模回路で実現でき,知能化されたセンサ,パワーデバイスに内蔵できるものが望ましい.このための簡易型自動車用シリアル通信方式の検討を行った.検討に際しては現在CPU機能内蔵のセンサ,パワーデバイスはないので,センサ,パワーデバイスにCPUをペアで対応させ,これら複数のCPU間を結ぶシリアル通信方式を検討した.検討した方式は,通信距離が短くノード数が少ないという自動車の特殊性を利用したリング状の通信系で,通信路に直列にシフトレジスタを挿入し,このシフトレジスタ上でデータの書込み,読出しを行うものである.またこの方式は,センサ,アクチュエータの増減に容易に対応できる方式であるので,システムの高い柔軟性が得られる.本通信方式を用いたエンジン制御システムでリーン領域のアイドル安定化制御を行い,その有効性を確認した.