一般ベネス網の非ふくそうセルフルーチング制御

瀬崎 薫  田中 良明  秋山 稔  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J72-B1   No.11   pp.1028-1033
発行日: 1989/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (広帯域ネットワーク特集)
専門分野: ATMスイッチ
キーワード: 


本文: PDF(479.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,広帯域ISDNの交換方式としてATMが注目されている.ATM交換機におけるスイッチ回路網としては,2×2サイズの単位スイッチを多段接続し,自己ルーチングを行わせるデルタ網等のスイッチ回路網が幅広く研究されている.しかしながら,デルタ網においては,スイッチ回路網に与えられるトラヒックが不均衡なときには,著しくスループットが低下する現象が見られる.この現象を回避するための方策としては,デルタ網の前段に,トラヒックを均衡化するための分散網を置き,全体としてベネス網となるような構成とすることが提案されている.しかしながら,このような分散網付与の方法については,単一サイズの格子スイッチを用いた場合についてのみの検討が行われているに過ぎない.このような観点から,本論文では,複数種の格子スイッチを用いたスイッチ回路網について,分散網付与の方法とその性質を検討し,その応用例について述べる.