オブジェクト指向言語による協調的LSIパターンレイアウト

阿部 明典   満  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J72-A   No.8   pp.1213-1221
発行日: 1989/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (VLSI設計におけるAI技術の活用小特集)
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(926.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
LSI設計の高速化に向けて種々の設計レベルで知識処理の導入が重要になってきている.本論文はオブジェクト指向言語Smalltalkのインヘリタンス等の機能の活用,仮説推論の考え方に基づき作成した協調的LSIパターンのレイアウトシステムについて記している.この協調的処理により配置と配線の協調処理を含み,部品間の関係を局所的ではなく大局的に見渡しながらレイアウトできるので,自然で効率的なパターンを作成できる.並列プロセッサ上で完全な並列協調処理の実現が現実的ではなく,現状のSmalltalkは逐次処理動作である.そこで,個々のオブジェクトによる作業の分担と,オブジェクト間のメッセージ伝達,インヘリタンス機能を利用し,試行錯誤的レイアウト手法をとることにより擬似的に効率的な協調処理を実現している.このような協調処理をNMOSパターンのレイアウトに適用している.